FC2ブログ

ヘルマンハープ倶楽部 仙台 №12


倶楽部の予備ヘルマンハープが到着しました。



 先日、株式会日本ヘルマンハープ様より倶楽部の予備ヘルマンハープが到着しました。

商品名は 旧HEO 2004 オイルワックス 


 《 愛称 : カタリーナ 》


 製造年は2004年と少し古いヘルマンハープですが、群を抜いて音色がいいハープです。
2004年は梶原先生が日本での普及を開始した年の製造で、当時は上位機種がなく木の選別もなかったため、オイルワックスといえども現在のラインゴールドクラスの木材で作られているものです。

 梶原先生が普及活動を始められてから、プロモーション用として先生がたくさん弾いてこられたハープです。
楽器は上手な人が弾くと、良い音を出すといわれています。
音は梶原先生から保証付のヘルマンハープなのです。

 愛称は“カタリーナ”
特別のおはからいで梶原先生に名前を付けていただきました。
どこかの国の“お姫様”のような、そしてヘルマンハープの優しい音色が人々に“語りかけてくれる”ようなお名前でございます。

 倶楽部の予備のハープといえども音もよく、これまで梶原先生の手元や本社様で大切に保管されてきたヘルマンハープですので、取扱には十二分に注意していただき、長く活用していけるようよろしくお願いいたします。そして倶楽部を代表する名器に育てていきたいものです。

今後下記事由で活用していきます。

  ① 倶楽部の予備ヘルマンハープとして

  ② 倶楽部員並びにお客様貸し出し用として

  ③ 各種演奏会時の試奏用として


 保管・管理は冨樫が行います。
倶楽部員でレンタルご希望の方がいましたら、事前に冨樫にメール又は携帯電話にご連絡下さい。
全1日レンタルの場合は「借用証」を提出していただきます。
なお、貸出し中に弦が切れたり打痕等を付けた場合は、各自修理・取替等の処理をお願いいたします。
レンタル利用料金は以下の通りですので、事前に冨樫までお支払い願います。

 ・全1日レンタル     → 1,000円
 ・練習日2時間レンタル →  500円

 
 弾く音がとても澄んでいてまるで天上の音色です。
このヘルマンハープに似合うのは、J.S.バッハ作曲のメヌエットと勝手に決め込んでさっそく弾いてみました。


 優雅にそして上品に、ゆったりとしたバッハのメヌエットが目の前の弦から生まれてきます。
貴族たちが宮廷の広間で、メヌエットステップを踏む姿が目に浮かんでくるのです。






■ヘルマンハープ、「ヘルマンハープ倶楽部 仙台」に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662
       :022-777-2022(留守電)


スポンサーサイト
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
倶楽部情報を都度アップしていきます。当面する倶楽部の目標は“とっておきの音楽祭”への参加、そしてヘルマンハープの普及・拡大に取り組んでいきます。

ヘルマンハープ倶楽部 仙台

Author:ヘルマンハープ倶楽部 仙台
FC2ブログへようこそ!

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヘルマンハープ倶楽部仙台