FC2ブログ

ヘルマンハープ倶楽部仙台 No.49


寒いこの季節には!


 仙台は久しぶりに5㎝の積雪となり、今でも小雪が舞っています。来年の3月まで寒さや積雪は続きますが、この地に住む者にとってこれらから逃れることはできません。
ならば冬の寒さや雪を逆手にとって、今年の冬を思う存分楽しむことにしませんか!?

 まずは手ごわい曲かもしれませんが、手始めにヴィヴァルディの「四季」 冬 第二楽章を練習してみましょう。
春に向けての曲は「早春賦」のA・Bを1月~3月の倶楽部課題曲として取り組んでいきますので、お正月休みの時に各自少しづつ練習しておいてください。


 一年間の倶楽部活動大変お疲れ様でした。
倶楽部として各種音楽祭やコンサート等に、数多く参加できた一年だったと思います。今年は仙台での〝ヘルマンハープ紹介元年〟と位置づけ倶楽部員全員で取り組んできました。ヘルマンハープでの各種演奏会時のお客様参加延べ人数は約550名にもなり、多くの仙台市民の皆さま方にヘルマンハープの音色をお届けすることができました。これは倶楽部員一人ひとりが積極的に取り組んできた大きな成果です。
自信をもって来年につなげていきましょう。

 ヘルマンハープ演奏会で弾く度に思うことがあります。

  ヘルマンハープは
  
  いつでも
  どこでも
  だれでも

  スタートラインに たてる やさしいハープ


 何を一番身近なところに置いて過ごすかで、人生の中では大なり小なり変われることがあるのではと思っています。
何をというのを、誰をという人に置き換えてみればより分かりやすいかもしれません。
ヘルマンハープと共にする日々は、生活に彩を添え潤いを与えてくれるものです。
このヘルマンハープは〝いつでも・どこでも・誰でも〟スタートできる優しい弦楽器だと思っています。これからも多くの方々にヘルマンハープを紹介していきましょう。
この一年もヘルマンハープに出会い一緒であることに感謝です。

 来年もまた元気で、笑顔の皆さまにお会いできますこと楽しみにしています。
どうぞよい年をお迎えください。

        ヘルマンハープ倶楽部 仙台
         倶楽部マネージャー  冨樫 通明


■本件に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662 (携帯)
       022-777-2022 (留守電

スポンサーサイト



ヘルマンハープ倶楽部 仙台 №48


とっておきの音楽祭2019


 とっておきの音楽祭2019の出演者募集がスタートしました。
開催日時は以下の通りです。

■日時 2019年6月2日(日) 演奏時間未定
■場所 実行委員会より別途指定

 応募については、今年から参加団体の演奏模様(2曲程度)のDVD提出になります。
1月6日(日)の倶楽部練習の時に収録いたしますので、当日参加予定の倶楽部員の方々は予定しておいてください。
その後に実行委員会に申込書と一諸に収録したCDを提出の予定です。
6月2日(日)は、倶楽部員全員参加で臨みたいと思いますので、各自スケジュールの確保を願います。

■とっておきの音楽祭参加者募集
  ↓
 http://totteokino-ongakusai.jp/sanka.html 


■本件に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662 (携帯)
       022-777-2022 (留守電

ヘルマンハープ倶楽部 仙台 №47


「舟歌」/公式 Hermann Harp Japan


 ヘルマンハープ楽譜集《お父さんのためのバラード》に収録の楽譜「舟歌」
梶原千沙都先生によるデモ演奏をお聞きください。

「舟歌」 作詞:阿久悠 作曲:浜圭介


 1979年の発表された、歌手・八代亜紀の代表曲のひとつ。
当時、女性が男性の心情を歌う「男歌」が流行しており、冒頭「お酒はぬるめの燗がいい」という歌詞で始まるこの曲は、数ある男歌の中でも最もよく知られた名曲です。
映画やCMにも使用され、現在の若者にも「泣ける歌」として支持されています。

(提供:ヘルマンハープ日本総販売代理店 株式会社日本ヘルマンハープ)

★ヘルマンハープ振興会 公式サイト:http://www.hermannharp.com/
★梶原 千沙都 日本ヘルマンハープ振興会会長 オフィシャルサイト:http://www.hermannharp.com/k-chisato/


■ヘルマンハープ、ヘルマンハープ倶楽部 仙台に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662 (携帯)
       022-777-2022 (留守電)


ヘルマンハープ倶楽部 仙台 №46


倶楽部クリスマス会


 今日は待ちに待った倶楽部のクリスマス会。
それぞれサンタの衣装を着けての演奏会になりました。
市民センター祭以降これまでこの日のためにクリスマスにちなんだ曲を練習してきました。


「神の御子は今宵しも」「きよしこの夜」等を全員で演奏し、今年一年を締めくくる楽しいクリスマス演奏会になりました。

 岩谷さんが準備してくれたケーキや、加藤さんから差入れてもらった珍しい〝ナタ漬け〟や〝白菜漬〟そして〝野菜の酢漬〟等で、紅茶を頂きながら一年を振り返りました。


  昨年の10月に倶楽部を結成し、6月の「とっておきの音楽祭」への参加、10月の「市民センター祭」への参加で、当初年間計画で目標としていた二つの大きな音楽祭への参加を無事に果たすことができました。
そのことによって、倶楽部員全員が目標の共有化と、演奏レベルを確実にアップできのではないかと思っています。

 最後に一人ひとりから得意な曲や大切にしている曲、次に目標としている曲を演奏してもらったり、自分が好きな曲の譜面起こしをして演奏してくれたり、来年にむけての曲を披露してもらいました。
  
 次回の練習日は1月6日(日)となっています。
1月~3月の倶楽部課題曲は「早春賦」
倶楽部員全員で音合わせをしていきますので、少しずつ練習をしておいてください。
また全員が元気な笑顔でお会いできますこと楽しみにしています。
当日は2名の方が、見学会・試奏会にお見えになる予定ですのでよろしくお願いいたします。


■本件に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662 (携帯)
       022-777-2022 (留守電

ヘルマンハープ倶楽部 仙台 №45ページ


せんだいボランティアミーティング

■日時:2018年12月6日(木)14:00~
■場所:東北福祉大学仙台駅東口キャンパス 4階41教室
■主催:仙台市ボランティアセンター
 共催:仙台市ボランティア連絡協議会
 後援:東北福祉大学

 仙台市内で活動するボランティア団体が集い、活動者同志が顔が見え、声がかけ合えることでそれぞれの活動状況を共用し、問題解決に向けアイデア出しあいながら、後継者不足を協働によって解決し、今後の活動活性化のためのきっかけづくりを目的として開催されたものです。
参加者は在仙の59団体59名の皆さま方。
主催者の仙台市ボランティアセンター所長の岩渕徳光氏の開催のご挨拶の後、地域社会デザイン・ラボ代表の遠藤智栄氏による講話が行われました。
テーマは「~集まり、語り、つながり~せんだいボランティアミーティング」


・自発性(自ら進んで)
・他利性(困っている方のために)
・持ち寄りが基本(お金、時間、物、情報)
・誰でも手伝える(一緒にやる、手伝える、任せる)
・安心、安全
・民主的で平等そして開かれていること
・ルールが多くないこと

これらの原則で運営を進め、問題点や心配なことについては

 集い→共有→学び合い→解決アイデア→実践

活動はこの一つのサイクルの積み重ねだと教えて頂きました。
組織の広報や参加者の集め方等の活動のコツや、活動費用の基本的な考え方や取り組み方についてもいろいろご紹介いただきました。
最後にボランティア団体の役割についてお話がありました。

・活動、サービスの継続定な提供
・社会に価値観を提供し、市民性を高める
・行政や地域の仕組みを変えていく
・市民同士の協力や参加そしてつながりづくり

 その後、4人が1グループになって現在各ボランティア団体が抱えている問題点について「えんたくん(丸い大きな用紙)」にそれぞれが書込み、一人ひとり現状を出し合い情報を共有化。
倶楽部としての問題点で書き込んだのは

「ヘルマンハープの知名度が低い」
「演奏する機会が少ない」
「アンプやマイクなどの設備がない」

その後4人のうち1人だけが残ってもらい残り3人が別のグループに入ってそこで「えんたくん」に書いてある問題点について確認しあい、再度自分の抱えている問題点を提起しながら共有化、その後二度目の席替えを行い話し合うというものでした。
最後の席では、問題の共有化はもちろんのこと、1年~10年後どうなっていてほしいかを「えんたくん」の用紙を裏返して書き込む作業がありました。
私が書いたのは

「仙台でヘルマンハープの全国的な演奏会を開催する」
「ヘルマンハープオーケストラを組織する」

としたところ、参加していた他の方々から演奏会の依頼が有ったり、具体的なことまで話が出てきて驚ろかされました。
たった2時間という時間の中で、9名の方々とお話ができ、名刺交換やパンフレット交換までできました。
今回学んだことはヘルマンハープ倶楽部 仙台の来年度の活動内容にも関わることも多く、そして様々な考え方そして手法や情報交換ができたことに大変満足しています。

 今回のミーティングに参加して感じたのは、ボランティア団体の横のつながりそして情報の共有化できたことが一番の収穫だったように感じています。
来年度は倶楽部員のどなたかにも参加してもらい、様々な経験をしてもらおうかと思っています。


■本件に関するお問い合わせ先
  ヘルマンハープ倶楽部 仙台  
   倶楽部マネージャー 冨樫(とがし)まで
   連絡先:090-2272-7662 (携帯)
       022-777-2022 (留守電)


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
倶楽部情報を都度アップしていきます。当面する倶楽部の目標は“とっておきの音楽祭”への参加、そしてヘルマンハープの普及・拡大に取り組んでいきます。

ヘルマンハープ倶楽部 仙台

Author:ヘルマンハープ倶楽部 仙台
FC2ブログへようこそ!

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ヘルマンハープ倶楽部仙台